実用書

熟読の呪縛から解放されて読書スピードを速める方法

こんにちは、遅読家の谷口有威です。

昔から、本を読むのは大好きでした。
小説、新書、ビジネス書、雑誌、漫画なんでも読んでいたと思います。

子どものころはあまり気になりませんでしたが、大人になると自分の読書スピードが気になるようになってきます。
仕事・家事・趣味などに時間を使っていると、いつのまにか読書に充てる時間はなくなってきました。

そこでちょっと自分の読書の仕方を見つめなおして、初心に立ち返ってみようということですね。

遅読家のための読書術

印南敦史 ダイヤモンド出版

書店で見つけて本の表紙をめくったときにすぐに買うことを決めました。

表紙カバーの折り込み部分にこう抜粋されていました。

「本を速く読める人」と「遅くしか読めない人」がいるのではない。

「熟読の呪縛から自由な人」と「それにまだとらわれている人」がいるだけ。

これだけで本の内容はだいたい想像がつきますが、著者の実績と最初の数ページでとても説得力のある本だと思いました。

速読は必要ない

今まで速読に関する本は2~3冊読んだことがある気がします。
YouTubeにも速読講座のような動画がアップロードされていたり、ネット上にもたくさんの情報がありますね。

しかし速読は結局のところ技術と修練です。

文章をブロックに分割してまとまりで読む、行ではなくページで読む、斜め読みをする。

谷口有威
谷口有威
どれもこれも簡単にできることじゃないんだよな~

そもそも身近に速読をできる人間もいないので、胡散臭さすら感じてしまうようになってきました。
気になる人は一度YouTubeなどで見てみるといいですが、速読家の人は本当に半端ない速さで読んでいます。
読むというより、見ているというほうが正しいのでしょうか。

僕はそんなできるかどうかも分からないものを続ける自信はなかったので、速読には手を出さないようにしていました。

本を「読む」という捉え方を変える

ではどうやって本を速く読むのかということですが、それは読書に対するマインドを変えてしまうことです。

「読書」というとどうしても気持ちを構えてしまいますよね。
しっかりと椅子に座って、時間を確保して、一字一句逃さず文字を追っていく。

しかしこの本に書かれていることは、読書ってそういうものじゃないんだよということです。

もっと肩の力を抜いて、ラフに読書しようよということです。
そして重要なセンテンスだけだけ、ちょっと気を引き締めて読んでいけばいいのです。

流し読みと熟読

ネットで調べ物をするとき、ウィキペディアでもネットニュースでも構いませんけど、熟読しますか?

たぶんさらさらと読んで、大枠をつかんで、大事なことが書かれていそうなところだけ重点的に読むと思います。

ただしこんなことを言うと、「いや、流し読みしてたら話の構成がつかめなくて大事なところも抜けてくわ!」みたいな声が聞こえてきそうですが大丈夫です。

だいたいどんな本でも作者が本当に伝えたいことは案外しつこく主張されています。
よほど間抜けな文章構成でもない限り、大事なところをサラッと伝えて終わらせてしまうことはありません。

これは本だけでなく、テレビでも雑誌でも同じですね。

この本を読んで読書は速くなったのか

一番気になるところだと思いますが、僕の場合は速くなりました。

むしろこの本を読みながらにも速くなっていました。

「遅読家のための読書術」この本自体がたぶんすらすらと読めるような工夫が凝らされています。
大きな見出し、挿絵、丁度いい具合の改行や余白など、本を読みなれていない人にもおすすめです。

どうして我々が熟読という呪縛から逃れられないのかを日本の学校教育という大枠から解説して、熟読の必要性、流し読みのポイントという具合に順当に紐解いていきます。

これによって僕自身、流しながら読んでいくポイントをつかんで、重要点だけを手繰り寄せていく感覚に手ごたえを感じ始めました。

本を読まないと読んだ気になれない人へ

このように「読書」という行為に対するマインドを変えて本を読むことには抵抗を感じるかもしれません。

僕もはじめはとても嫌でした。
「本はしっかり文章を追って、読んだ本の内容を己の血肉となるまでかみ砕いて吸収しないといけないんだ」そんな風に思っていました。

でもハッキリ言って、読んだ本覚えていますか?
ということです。

どんなに丁寧に本を読みこんでも、さらりと片手間で読み切ってしまっても1週間もたてば記憶に残っているのは同じくらいでしょう。
大切なのは本の全体像を体の中に流し通して、重要なセンテンスだけ抽出して、アウトプットすることです。

もちろん例外として小説や文学は娯楽としてゆっくりと楽しみながら読んでいます。