コーヒー・お茶

元バリスタがおすすめするドルチェグストのマシン無料レンタル【ネスカフェ】

みなさんコーヒーは好きですか、僕は大好きです。
こだわり抜かれた豆と、手間ひまかけた抽出ならなお良いでしょうね。

しかし毎日時間をかけるのも大変なので、手軽でインスタント以上のクオリティのものがないかと考えていました。

たどり着いたのがネスレの有名なカプセルマシン、ネスカフェドルチェグストです。
元カフェ店員ですが、その便利さとクオリティに驚きました。

ドルチェグストはカプセル専用マシンなので、不要になっても困らないようにレンタルプランと定期便で利用することにしましたよ(*’ω’*)
※現在は引越しを機に、レンタル品なので返却しました。

マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

ネスカフェドルチェグストを使ってる様子

まずあれこれと語るよりもどのように使用しているかお見せした方が早いですね。

これが普段の自宅での定位置です。案外コンパクトでおさまりがいいんですよね。

カプセルの箱が積まれていますが、気分に合わせてコーヒー以外のカフェラテやマキアートなどが手軽に飲めます。

こちらがカプセルですね。リッチブレンドという僕の一番お気に入りの味です。キレの良いコクと、深みのあるコーヒーの香りが広がります。

コーヒー豆から生じるガスによって、カプセルが膨れています。しっかりと密閉してくれている証拠です。

それをこのようにマシンのポケットにセットします。

最後にレバーを押し下げると、抽出の準備が完了します。電源の立ち上げから熱いお湯が出るようになるまで1~2分程度です。

お湯を沸かすよりも早いので、ときどきカプセルをセットしないで白湯を飲むこともあります。

実際にコーヒーを抽出している様子です。抽出する湯量も完全自動でコントロールされているので、安定した味にできます
好みに応じて濃いめ、薄めの調節も可能です。

アレンジコーヒーも簡単

手軽さゆえに、たまに遊んでみたくなることがあります。

最近は「アフォガード」に挑戦しました。

エスプレッソのカプセルと、インスタ映えで少し話題になった「たべる牧場ミルク」を用意します。

このアイスクリームはファミリーマートに売っていました。デザインが素朴で愛くるしさがありますよね。

そしてエスプレッソをダイレクトショットします。簡単にアフォガードの完成ですね。

甘みと苦みが混じりあって、上品なスイーツになりました。

ちなみにエスプレッソ以外にも、抹茶やチョコのカプセルもあるので他にもいろいろと楽しめそうですね。

マシンの外観・性能

ざっくりとネスカフェドルチェグストのスペックについてもふれておきます。

ネスカフェというと鮮やかな赤いイメージがありますが、僕は黒い本体を選びました。赤と黒があるのですが、黒の方がクールだと思います。

好みの問題ですが、赤い家電はかなり目を引いてキッチンや部屋の統一感がなくなりそうなのでさけたかったのです。

横から見るとちょっと、不格好かもしれません。水のタンクがもうちょっとスリムならよかったのですが、それだけタンクの容量があるということなので機能的にはGOODですね。

<ドルチェグストの性能>

  • 本体サイズ
    (幅)16.5(高)29.6(奥)25.7
  • 重量
    2.7kg
  • 電源
    100V 50/60Hz 1460W
  • ポンプ圧力
    最大15気圧
  • タンク容量
    1000ml

ネスカフェドルチェグスト3つの良いところ

では本題の僕がこのドルチェグストを愛用している理由です。

正直初めは

谷口有威
谷口有威
カプセルタイプなんてしょせんインスタントでしょ、しょぼいしょぼい

と思っていましたが、実際に飲んでみるとしっかり本格的な味で、もはや生活の一部として完全に定着しています。

①なんといっても手軽

そもそもの目的が、毎日コーヒーをじっくり淹れるのが大変だから手軽で美味しいものを求めていることでした。

その手軽さは期待をはるか大きく上回り、おそらくインスタントの粉末コーヒー以上です。これ以上楽にコーヒーを飲もうと思ったら缶コーヒーしかないのでは…。

具体的にお手軽なところ

  • 抽出を完全自動でやってくれる
  • お湯を沸かす必要がない
  • 操作が簡単で、余計な機能がない
  • 片付けは空のカプセルを捨てるだけ
  • 手入れがほとんどない

マシンの右奥にある黒い箱のような物体は、空のカプセル入れです。水分を含んだ空のカプセルをすぐにポイっとできるので意外に便利でした。

②コーヒーが意外と本格的

実のところこれが一番うれしいポイントでした。

やはりどうしてもカプセル=即席=インスタントというイメージがあったので、良い意味で期待を裏切られました。

出来上がったコーヒーの写真ですが、注目してほしいのが表面のクレマといわれる泡です。

よく美味しいエスプレッソはクレマによって決まると言われています。15気圧という高気圧での抽出だからこそできるのですね。

ちなみに一般的なエスプレッソの抽出圧力は9気圧です。そう考えるとドルチェグストがいかに旨味を凝縮して高圧で抽出しているのかがわかりますね。

③バラエティ豊かなカプセル

カプセルの注文時にとても迷ってしまいました。

僕は定期購入にしているので、しばらくは色々なものを試していこうと思っています。

ちなみに初回のカプセルと、マシンが届いたときの写真がこちらです。

左上のバラエティパックと、抹茶のカプセルは初回サービスで無料でついてきました。
(ちなみにこれ全てで約5000円)

色々と試せるバラエティパックが一番最初に無料で試せるのは嬉しいですね。

今カタログで調べてみるとどうやら19種類のカプセルがラインナップにあるようです。

公式製品以外にも互換商品や海外製のカプセルなどもあるので、自宅でのティーライフはますます楽しくなりますね。

ネスカフェドルチェグストのイマイチな点

ほめてばかりいても仕方なくて、やはり気になるところもいくつかあります。

電源コードが短い

まず本体のコードが短く置く場所を選びます。しかも線が固いのでしなりが悪いです。

メンテナンス

もう一点がメンテナンスがあること。マシン内を水が循環するので、ときどきクエン酸等で掃除をすると機械が長持ちします。ただ1~2か月に一度程度なので、そこまで気になる欠点ではないかもしれません。

またカプセルホルダーや、空カプセル入れはこまめに洗った方が良いでしょう。こまめにやれば、さっと流水ですすぐだけで済みます。

ミルクカプセルの味が…

ミルク系のカプセルがいまいちなことです。ブラックのコーヒーはどれも非常に満足できるおいしさです。

しかしカフェオレ、マキアートなどミルクのカプセルが牛乳よりも甘い人工的な風味を感じます。ミルクの保存というのは難しいものなので、先の長い課題なのかもしれません。

しかし「チョコチーノ」のように初めから甘いドリンクは、ミルクの甘みも含めて美味しくいただけます。

お手軽なココアのようで、こちらも僕のお気に入りのカプセルです。

まずはミルクを抽出して、、、

それからチョコレートを抽出します。

ミルクが入るタイプのカプセルはこのように2つのカプセルで分けて注ぐので、好みのバランスに調整することができるのは、良いところですよ。

マシンをお得に入手するには

ちなみにこのネスカフェドルチェの本体価格はいくらでしょうか。

公式サイトで9800円。
アマゾン価格で約5700円。

この謎の価格のひらきも気になるところですね(笑)

ただ本体価格は気にしなくとも、マシン本体はレンタルすることができます

ネスカフェドルチェグストはカプセル専用の商品なので汎用性がありません。
今は便利に利用していても、いずれ必要なくなったときやカプセルの定期購入をやめたときに、本体が不要になってしまいます。

それならば初めからレンタルにしようと、僕は割り切って考えています。

谷口有威
谷口有威
あくまでも僕の場合なので、レンタルしても購入してもいいと思います。公式サイトのカプセル定期便に申し込むと、本体の購入もお得になりますよ

レンタル&定期購入でお得なネスカフェライフ

どうしても購入して所有欲を満たしたいという人以外は、マシン本体に関してはレンタルをおすすめします。

  • 初期費用が安くなる
  • 不要になっても困らない
  • 綺麗に使用し続けられる
  • 定期購入の解約時もマシンを返すだけで違約金がない

僕にとって一番の大きなメリットは、『ネスカフェのカプセル専用マシンを買ってしまったからには本体価格のもとをとるだけ飲まないといけない』というプレッシャーを感じないことです。

飲みたいコーヒーのカプセル代だけで済むのですから、喫茶店でコーヒー1杯飲む感覚となんらかわりありませんね。(もちろん一杯換算は喫茶店よりもずっと格安です)

さらに定期購入には以下のメリットがあります。

  • カプセル4箱以上の申し込みで、5%OFF
  • カプセル6箱以上の申し込みで、10%OFF
  • 2か月定期なので、購入量を調整しやすい

定期購入によって単価が安くなってくるので、よりお得になるわけです。

また毎月ではなく、2か月に一回というのが非常に勝手がよくて助かります。定期予定日の10日前までなら、注文内容を自由に変更することもできます。

僕も度々、実際にコーヒーをいくらか飲んでみて「やっぱこうしようかな」と注文を改めることが多いです。

なぜカプセルタイプなのにおいしいのか

最後に、どうしてネスカフェドルチェグストのコーヒーが本格的な美味しさを実現できているのか、もうちょっと踏み込んでみようと思います。

一つにマシンの高圧力による抽出が関係していると前述していますが、カプセルの秘密にもせまってみましょう。

カプセルを解体して中身を確認してみる

ということで、未開封のカプセルを一つ無理やりこじ開けてみることに。

これ結構、気になりますよね。

カプセルのふちをナイフで切りこみ、ペロリとめくってみます。すると一気にコーヒー豆の芳醇な香りが広がります。

完全密閉により豆の酸化を防ぎ、鮮度をしっかり保っているわけです

中身を広げてみると、挽きたてのコーヒー豆のような粉が出てきます。

ついでに抽出後のカプセルも解体してみました。
ドリップで抽出した後のような、豆かすになっています。

谷口有威
谷口有威
一般家庭以外にも、オフィスや公共スペースにとてもおすすめです

いかがだったでしょうか。僕はネスカフェドルチェグストを使い始めて、お手軽=低品質というイメージが払拭されました。

コーヒーでも、美味しい×お手軽は成り立つんです。

マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。