未分類

フリーランスにおすすめの請求書作成サービス【MISOCA】が超簡単で便利でした

ブログやwebライターとして副収入を得ているのですが、クライアントに成果物を納めた月末に必要なものが請求書です。

数か月前まではtekisという無料のクラウドサービスを使用していたのですが、いつのまにかサイトが閉鎖され、今となっては検索結果にも出てこないようです。

月末にいつものように請求書を作成しようと思ったらサービスが使えなくなっていたので、一瞬焦りましたが、もっといいサービスを見つけたのでそちらを紹介します。

請求業務を簡単に管理する【MISOCA】

主に見積書、納品書、請求書をクラウド上で作成して、弥生会計やMFクラウドといった会計サービスと連携することもできます。

僕は書式として請求書が簡単に作成できるだけでいいので、今回は請求書の作成方法を書いていきますね。


クラウド請求管理サービス Misoca

請求書の作り方

Misocaにメールアドレスとパスワードを入力して、弥生アカウントを作ったらすぐに利用することができます。

 

請求情報の入力

MISOCAの新規請求書作成

トップページから請求書タブをクリックして、請求書を新しく作ります。

MISOCAの請求書作成中

事前に取引先情報や、自分の請求者情報を登録しておくと、今後の作成が時間短縮できて楽ちんです。

主な入力項目
  • 請求日(締め日に応じて)
  • 請求書番号(なくてもいいが、管理上あったほうがよい)
  • 請求先情報
    相手方が法人なら敬称は「御中」として、下に担当者名を記入。
  • 支払期限を記入
  • 請求者情報の記入

 

請求内容の入力

品目、数量、単価、振込口座を入力したら保存するをクリック。
単価の隣のチェックボックスで税込と税抜を切り替えます。

 

請求書の発行

保存したら、請求書を発行します。

アルパカ
アルパカ
これだけ、簡単だね!!

データも印刷も可能ですし、郵送申請で直接請求書を送ることもできます。これは便利ですね。

振込手数料、消費税、商品名、支払い期限など、事前に取引先との確認をしておくといいです。

あくまでも現状の僕の使い方ですが、めちゃくちゃ簡単で便利です。
これから仕事の手幅が広がるにつれて、よりMISOCAの機能の恩恵を受けられると思います。

無料と有料の主な違い

プランの簡易比較 無料プラン 有料プラン
料金(年額) 0円 8,000円~10,000円
月間請求書作成数 5通 15通~1000通
上限超えの請求書 70円/通(最大1000通)
共有ユーザー 1人のみ利用 2人~30人利用
請求書の郵送 160円/通
見積書のFAX 60円/通
アルパカ
アルパカ
基本的には請求書の作成数でプランが変わるよ

一番価格の高いプランとかは会社規模じゃないと使いそうにありませんね。

請求書作成ソフトで一番おすすめです

まだMISOCAのみで事足りていますが、今後開業して経理作業などをするようになっていくと、他の会計ソフト等も使っていくことになると思います。

大手のソフトと連携しているのは便利で安心ですよね。
なによりも直感的に簡単に操作することができるので、初心者に優しいです。公式サイトは経理に関するマニュアルも充実していて、悩んでも検索してすぐに解決します。

スマホアプリもあるのでより手軽にどこでも使用できますね。

中小規模の会社、士業、ライターやデザイナーとして個人で活躍しているかたなどにおすすめです。


クラウド請求管理サービス Misoca

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。