未分類

災害時のトイレ事情を解決する使い捨て便利グッズ7選

大地震や大雨水害などで避難警報が出たとき、自宅から避難した人たちのトイレ事情はどうしているのでしょうか。

普通は避難所のトイレや、仮設トイレが建てられることがあります。

しかし災害直後、避難所が遠い、場所が悪くトイレがそばにない、そんな最悪の事態を想定すると備えておくに越したことはないなと思うわけです。

そんないざという時のためのトイレグッズについて紹介していきます。

手軽に携帯・ストックできる袋タイプ

非常時の防災用トイレとして最も手軽で、負担にならないのが袋タイプのものです。

一般的には袋の中に排便をして、凝固剤などで固めてから袋を縛ることになります。

犬のふんの後始末を厳重にしたようなものですかね。

あまり言いたくないのですが、僕も小学生の頃にボーイスカウトのような団体に入っていたことがあり陣馬山で…やっぱやめましょう(;´Д`)

袋式トイレ

トイレの便座に袋をセットして使うタイプです。

断水時などに便座はあるが、流すことができないというときに役立ちます。
このようなタイプはたくさんあるので、好みのものを探すといいですね。

消臭凝固剤をかけることで、ごみとして扱いやすくなります。

BOS 非常用トイレセット

非常用のトイレだけでなく、嘔吐物などの汚物全般に使用可能です。

医療用向けに開発されたという背景もあり、即効性のある防臭性能が優れています。

もしも 水なし衛生トイレ

女性でも使いやすい設計になっているようで、パッケージもなんとなくかわいらしいデザインですよね。

水分をゼリー状に凝固させる仕組みになっています。

緊急ミニトイレ

かたちからして男性用に思えますが、男女兼用で使用可能です。

尿専用となっており、凝固スピードが速いのが特徴です。

 

簡易的な袋タイプの携帯トイレは、容量や使う場所が限られてくることもあります。

そのぶん携帯性やストック性に優れています。

非常時以外でも長時間移動で途中にトイレに行けないことが想定されるときなど、あらゆるシーンに対応した使い方ができますね。

非常時や、長期野宿に使えるポータブルトイレ

基本的に災害などの非常時におけるトイレ事情は、携帯用の使い捨てタイプでなんとかしのげばいいと思います。

ポータブルトイレは、長期間トイレを使用できる見込みがない場合に活躍するかもしれません。

トンボ ポータブルトイレ

見たまんまトイレですが、主にポリ袋などと併用して使います。

介護などの現場でも使われており、いろんな事情で通常のトイレを使えない場合などにも有効です。

ポータブルジョン

折りたたみパイプ椅子風の簡易トイレです。

通常タイプのポータブルトイレと違い、折りたたむことができるので携帯性が向上しています。

掃除が大変そうなので、大きめのごみ袋などを中にかぶせて使用するといいかもしれません。

キャプテンスタッグ 着替えテント

トイレそのものではありませんが、屋外などでトイレをするというのは勇気がいるもの。

せめて壁などで遮られていると心理的な負担も軽くなるので、簡易的な個室としておすすめです。

非常時トイレは機能性と衛生面に気をつける

家庭のなかのトイレのように、ちょっとした落ち着ける個室空間といったものは求めていられません。

まずは効率や使いやすさが大事で、なにか粗相を起こしたりでもしたらそれこそ二次災害です…。

それから凝固剤や消臭などの衛生面を重視しながら選ぶといいですね。

なにはともあれ、実際に使用する機会が訪れないことがベストですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。