未分類

ブログやWEBサイトで信頼性を得るための情報発信の極意6選

ブログやSNSを通して情報発信をしている人はたくさんいますよね。

ブランディングのため、集客のため、目的は人それぞれだと思います。

しかしどんな目的を目指すにしろ、今ネット上で求められるのは信頼性です。

そこでサイト作成者や、ブロガーなどが情報発信をする際に意識しておきたいことを6つまとめました。

①伝えたいメッセージを明確にする

ぼんやりとしたコンテンツだけでは、ユーザーには響いてきません。

そのコンテンツを通してユーザーに明確なメッセージが伝わることが重要です。

たとえばこの記事だったら”6つのポイントを抑えて、サイトの信頼性を高める情報発信の仕方を見直してもらう”という目的があります。

コンテンツの受け手が、その目的を達成することができるかを客観的に評価する必要があります。

②独自性をもっているか

独自性とは、『あなたしかもっていないもの』です。

世界に一人でなくてもいいので、何か専門領域があったり、とくに偏愛しているものがあるとそれは独自性につながります。

多くの人にとっては、それが珍しく優れた情報にみえるからです。

とくに強みとなる独自性は、専門性と情報の希少性によって決まります。

③こだわりを持っているか

情報発信においてよく質よりも、量やスピードといわれます。

確かに多くの情報が繰り返しユーザーの目に触れることで認知も高まります。

ただしこだわりもなく闇雲に発信しているだけでは、数打っても当たらない下手すぎる鉄砲です。
なにに重きを置いて、ぶれずに発信していくのかというのが大事ですね。

④誰がそのコンテンツを受け取るのか

どこの誰に向けてその情報を発信しているのかというのを意識することはとても大事です。

いわゆるペルソナを設定することですね。

老若男女多くの人に届けようと思っても、なかなか刺さってきません。

むしろたった一人のあの人のためにと思うくらい限定的でも丁度いいくらいです。

逆に誰がその情報の受け手にふさわしくないのかということも想定しておくと、より本来の情報を届けるべき相手の本質が見えてきます。

⑤情報の受け手にライフスタイルの変化があるか

情報を見て「へ~」で終わってしまってはもったいないです。

次につながるアクションがもう一つあると、それはとても良いコンテンツと呼べるでしょう。

例えば「へー、この記事面白いからこのサイトはブックマークしておこう」、「ここで紹介されているサービス面白いから自分も試そう」

このように情報を受け取った後に、実際に何か行動を起こしているのがベスト。

ではどうすれば行動を起こすのか。

その人のライフスタイルに何か良い影響があるなと想像できたときに、人は行動をしやすくなります。

もちろんコンテンツのクオリティが十分であることも重要です。

⑥自分の得意と苦手を把握する

似たようなコンテンツを作成しているライバルがいると、どうしても対抗したくなります。

それぞれ得意、不得意もあるので、似たようなコンテンツでも自分の得意な切り口で攻めるようにしましょう。

ケース1

【ダイエットの情報サイト】

運動・睡眠などを中心に、データや統計を引き合いに論理的に解説するサイト。

ケース2

【ダイエットの情報サイト】

糖質制限を中心に、管理人の体験談を引き合いに楽しく解説するサイト。

このように同じようなコンテンツでも、テーマや切り口の違いで、やりようが変わってきます。

得意なケースで、自信をもって発信できるコンテンツのほうが、ユーザーの信頼性も高まります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。