未分類

コンテンツマーケティングで情報発信するなら知っておきたい心構え3つ

多くの企業や個人がメディアやWEBサイトを運営するようになっています。

例えば石鹸や歯磨きで有名なLIONが運営する、暮らしのメディア”Lidea”。

敏腕アフィリエイターひつじさん運営の、格安スマホサイト”mineo×iPhone”。

このようなサイトはとくにコンテンツマーケティングを駆使して運用されています。

コンテンツマーケティングとは

美容院に行くと、カットをしながら美容師がヘアケアのアドバイスや、ちょっとした雑談をしてくれますよね。

美容院の目的はカットをして、また次回もその客に来店してもらうことです。

カットという技術販売だけでなく、アドバイスという教育、雑談という親近感、これらがうまく合わさるとファンになってもらい、再来店が見込めるようになるのです。

簡単に言うとこれをインターネットに置き換えたのが、コンテンツマーケティングといえます。

情報発信におけるポイント

なにかしらの目的があって、それを達成するための価値の提供からファンとして定着させることがコンテンツマーケティングと説明しました。

とくにインターネットにおいて重要なのが、情報発信です。

記事や動画で顧客のニーズを満たし、ファンとして定着させるまで価値を提供し続ける必要があります。

  1. 情報の継続的発信
  2. オリジナリティにあふれた価値ある情報
  3. 効果的な拡散が期待される

顧客に価値ある情報を継続して発信していくことで、長期的かつ安定的なアクセスにします。

情報の継続的発信

ブログやWEBメディアでとくに大切な心構えが継続することです。

毎日更新のあるサイトと、たまにしか更新されないサイトでは大きな差があります。

高頻度で継続できるかどうかというだけで、それは大きな武器になります。
※拡散力のある個人やメディアなら、更新するたびに宣伝拡散ができるのでその限りではないです。

そもそも価値ある情報とは

価値のあるといっても、価値の受け取りも千差万別。

発信者が価値があると思っていて「これ、おら、価値あるやろ、受け取れや」と言っても、ただ押しつけがましいだけです。

それでも多くの人に価値あるものとして受け取られるのが、役に立つことです。

価値のある情報

役に立つ=専門的×ニーズに合っている

専門性があり、その情報が必要とされていた時に初めてその人の役に立ちます。

さらに他者や他メディアと差別化をするならば、独自性が必要になります。

独自性=役に立つ×希少性がある

独自性を得るには、独自の切り口から組み立てられる、豊富な裏付けデータがあるといった、長期間にわたり陳腐化しない施策を練ることです。

顧客志向(ニーズ)と独自性をうまく調和させることで、人を動かすコンテンツを作ることができますね。

効果的な拡散

情報・コンテンツの作成をこなしながら、目指すところはユーザーが自発的にサイトにアクセスするような定着化です。

ファンの獲得からは、多くの人を巻き込む影響力を求めます。

拡散メディアの使い分け
  • SNS
  • メルマガ
  • スライド(PDF)
  • 音声
  • 動画
  • プレスリリース
  • 書籍
  • DM

コンテンツマーケティングはSNSとの相性がよく、とくに重要視されます。

拡散されやすい情報というのは、人の心や感情を良くも悪くも動かす、エモいコンテンツが強いです。
※エモい=emotional 強く感情に訴えかける。

エモいコンテンツ

喜怒哀楽といった感情に訴えかける内容。

とくに可愛い、綺麗、衝撃といった内容は瞬間的な拡散力があります。

プラスの拡散

  • 可愛い、楽しい、賛同できるといった拡散のされ方は、多くの人に周知してもらうチャンス。

マイナスの拡散

  • 炎上商法や物議を醸すような賛否両論ある拡散。多くの人を巻き込みながら、拡散ユーザーの熱量も上がることから、爆発力があります。
    しかし一過性になりやすく、炎上商法は再起不能になるリスクも。

SNSを活用したマーケティングでは、漠然とした投稿ではなく、見ている人たちの感情に変化を与えられるかどうかを意識すると伸びやすいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。