ミニマルライフ

ホタテの水揚げ量日本一という猿払産ホタテをまるごと道の駅で堪能

日本で最北端かつ道内最大の村となるのが、北海道宗谷郡の猿払村です。

稚内から車で1時間弱ほどかけて南下していきます。

納税者一人当たりの平均所得率が、東京都心部に並んで全国で5位というデータがありました。
その最たる理由がホタテの水揚げ量日本一というホタテ王国ということ。

ちなみに酪農家もとっても稼いでいるかたが多いと思います。

猿払 道の駅弁

猿払道の駅弁

道の駅の隣にある小さな弁当屋さん。

ここで売ってる『ホタテめし』第4回なまらうまいっしょ!グランプリ2013で最優秀賞をとったのが有名です。

ただこの日は残念ながら弁当は売り切れてしまいました。

道の駅の弁当屋の中

お弁当以外に揚げ物やアイスも売られています。

猿払道の駅のホタテの串焼きホタテの串焼き(450円)

丸々2個が豪快に食べられます。

そもそもホタテの全貌をこのような形でみたことある人って少ないのでは?
新鮮なものは貝殻から取り出して、生のまま丸ごと食べることもできます。
※ウロという黒い部分は取り除きます。

タレは薄めに味付けされているので、素材の味を存分に味わうことができます。

道の駅猿払の店内

店内には産地食品や、お土産がおいてあります。

もし『猿払村』のローカル土産が欲しいなら、ここが一番おすすめだと思います。

なまらうまいっしょ!グランプリのトロフィー

ホタテめしでグランプリをとったときのトロフィーが飾られています。

その他メニュー

残念ながらホタテめしを食べられなかったのですが、ほかにも売店らしいおいしいメニューがたくさんそろっています。

宗谷岬までツーリングをする人も多い中、東へ南下していく途中に寄っていけるのは嬉しいのでは(*’ω’*)

メニュー
  • ホタテめし(道の駅弁)
  • ホタテめしおにぎり
  • ホタテ串焼き / つぶ串焼き
  • さるふつホタテフランク
  • ソフトクリーム(バニラ/こけもも/ミックス)
  • とりから揚げ棒 / フライドチキン
  • コーヒー その他…

猿払村は年間平均気温が8度。

ホットスナックがたくさんそろっているのは嬉しいですよね。

ホタテとコケモモ

猿払道の駅の売店で堪能できるのが名産のホタテですが、実はコケモモという隠れ名産もあります。

猿払のホタテ

大量のホタテの貝殻と剥き身

冒頭に猿払がとてもリッチなホタテ王国な村なんだと書きましたが、もともとは『貧乏見たけりゃ猿払行きな』というほどの貧乏村。
僕の知り合いの酪農家も北海道で酪農をすると決めた当時、猿払だけはやめようと話していたらしいです(笑)

漁業組合の組合長と当時の村長が、村の税収に匹敵する大規模計画でホタテの稚貝を放流しました。
まさに捨て身の策。

結果的にそれが功を奏した、まさにホタテ界のシンデレラストーリー。

猿払のコケモモ

コケモモ、たぶん聞いたこともないでしょう。

薄いピンク色スズランのような花です。

湿地帯に自生することから、猿払に適したシンボルの花に指定されています。

さきほどの道の駅の売店ではコケモモ風味のソフトクリームや、お菓子を楽しめます。
ほんのりと優しい酸味が感じられる、とても上品な味わいです。

猿払特産品のコケモモワインの原料になっています。

猿払道の駅の売店情報

住所 猿払村浜鬼志別さるふつ公園内
電話 01635-2-3433


国道を走っていると、とても目立つ風車があるので道の駅はすぐにわかると思います。

ホタテだけでなく、牛乳・チーズ・バターといった乳製品も堪能していってください(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。