コーヒー・お茶

【35COFFEE】沖縄のサンゴで焙煎されたコーヒーを飲んだよ

35COFFEE

大学のころからの友人で沖縄に住んでいる人がいるのですが、その人からサンゴで焙煎されたというコーヒーを送ってもらいました。

サンゴで焙煎というコンセプトだけで、コーヒー好きとしてくいついきたくなる要素ですよね。

そんな35COFFEEの感想と、沖縄のサンゴ礁の危機に関してサラッと書いていきます。

35COFFEE

35COFFEE

すでに開封して飲んじゃっていますが、これは35COFFEEのISLAND BLENDです。
ちなみに35はThree Fiveと読むようです。

ブラジルをベースに、コロンビアとインドネシアがブレンドされています。

35COFFEEのホットとアイス

ペーパー包装のほうがホットで、銀色の包装がアイスに適しています。

35COFFEEのブレンドは3種類あるようです。

  • ISLAND BLEND
  • ISLAND ICE BLEND
  • J.K.F BLEND

今回僕が飲んだのは3種のうち、上の2つになりますね。

ネルドリップでいただきました

実はこれを飲んだのがもう1年以上前で、いまさらこの記事を書いているのですが、記憶をたよりにぼやっと感想を(笑)

気になったらぜひ購入して飲んでみてください!

35COFFEEをネルドリップ

HARIOのネルドリッパーで淹れています。沖縄の海に思いを馳せながら。

うちには冷凍庫がなかったので、アイスブレンドもホットでいただきました。

深煎りでコクのある、飲みやすいコーヒーだったかな。まろやかで酸味は抑えられているので、万人受けする味ですね。

サンゴで焙煎されたことによる味わいの変化はわかりませんが、そこはたぶん大きな売りではないと思います。

サンゴローストコーヒーのアイス

パッケージングもシンプルで飾らない感じがおしゃれですよね。

あ、今気が付きましたけど35って、サンゴか!!(笑)

サンゴローストとは

コーヒーの焙煎は通常、直火や炭火、熱風などがありますね。

サンゴローストはその名の通り、風化したサンゴを再利用する形をとってコーヒー豆を焙煎します。
このサンゴ熱というのがじっくりとムラなく焼けるようで、コーヒー本来のまろやかなうまみを引き出すことができるようです。

サンゴ焙煎のイメージサンゴ焙煎のイメージ

https://35coffee.com/concept/

ちなみに沖縄の「サンゴ」は県の漁業法にて県外への持ち出しが禁止されているようです。死んだ骨格サンゴもそれに含まれます。

要するにサンゴ焙煎は沖縄県内でしか生産できないということになりますね。

サンゴの減少が嘆かれる

サンゴの減少が嘆かれる

サンゴは地球温暖化などのさまざまな原因から、影響を受けているようです。

地球の美しさ、海の景観が損なわれつつあるということですね。生態系にも影響が及ぶでしょう。

ベビーサンゴ移植活動

沖縄の環境のため、未来の子供たちのために、エココンシャスなライフスタイルを提案するのが35COFFEEの特色。

サンゴ再生プロジェクトとして、35COFFEEの売り上げ3.5%をベビーサンゴを移植する活動に使用しているみたいです。

サンゴは1年半もたつと立派な群生になるのがホームページの活動報告でみれました。

消費者としてもコーヒーを飲むだけで、海を越えた遠方の沖縄で、サンゴ再生活動に貢献しているのが感慨深いです。

ホームページのショップリストからコーヒー以外のグッズも購入できます!!
マグやTシャツがおしゃれでしたよ。

35コーヒー商品ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。