トラベル

猿払村のインディギルカ号遭難者慰霊碑の周りを散歩して、その歴史を悼む

インディギルカ号遭難者記念慰霊碑

猿払村の海岸沿い、国道238号線を走っていると海の方面にインディギルカの慰霊碑が必ず目に飛び込んできます。

夕日に照らされた慰霊碑はとても綺麗なんですよね。

猿払に住んでいたころは詳しく見なかったのですが、先日旅行で訪れた際に車を停めてゆっくりと散策してきました。

猿払公園から臨む国道沿い

猿払公園側から海のほうをみた景色。駐車場はだだっ広いので観光し放題です。

インディギルカ号遭難者慰霊碑

インディギルカ号遭難者記念慰霊碑

かなり存在感ありますよね。

周りはだいぶ綺麗に手入れされており、近くからでも見ごたえはあります。

碑文の内容

昭和14年12月12日 ソ連船「インディギルカ」号とそれに乗合わせていた人々に最後の時がやってきた

「イ」号は 秋の漁場を切上げて帰る漁夫及びその家族1064名を乗せて カムチャッカからウラジオストークに向って航海中 折からの暴風雪に押し流され 乗組員たちの必死の努力も空しく 進路を失い 12月12日未明浜鬼志別沖1500メートルのトド岩に座礁転覆 700余名の犠牲者を出す海難史上稀有の惨事となった

身をさくような厳寒の海上で激浪と斗い 肉身の名を叫び続けながら力尽きて死んで行った人々のことと その救助に全力を注いだ先人たちの美しい心情は 人類のある限り忘れてはならない

この碑は 北海道はもとより国内の数多くの人々 並びにソ連側の海員 漁夫の善意に基く浄財によって 「イ」号と運命を共にした人々の冥福を祈るとともに 国際親善ならびに海難防止の願いをこめて設立されたものであり 台座の石はソビエト社会主義共和国連邦から寄贈された花崗岩である

慰霊碑より引用

ざっくりいうと、漁に出ていた漁夫や乗組員が暴風雪に見舞われ、座礁して多くの被災者が出たということですね。

生存者が429名。
犠牲者は700名以上。

猿払村民の(稚内からも船で救出が出ている)心情と、海難史上にも残る一連を悼んで建てられたわけです。

設立

設立者:インディギルカ号遭難者慰霊碑を建てる会

設立年月:昭和46年9月

題字:北海道知事 堂坦内尚弘書

碑文:猿払村長 笠井勝雄書

設計:井口健建築設計事務所
所長 井口健

施工:躯体基礎 猿払村建設企業体
金属関係 日鉄カーテンオール株式会社
石伐関係 芦別市 川崎石伐工業所

慰霊碑より引用

インディギルカ号の謎とその解明

インディギルカ号が座礁して猿払村民が救出した後、多くの謎が残っていたようです。

ソ連の対応も不可解なもので、遺体の収容や遺品の返還等も不要とのことでした。

インディギルカ号の謎

  • 正確な乗船人数を誰も知らなかった
  • 大型船でもなく1000人以上の乗員
  • 漁に出ているのに家族も同伴
  • 生存者の身なりはひどくみすぼらしかった
  • 船長が「船内に人は残っていない」と嘘をついた
  • ソ連側の対応が冷淡であった

乗員数が不明なので正確な犠牲者の数はわからず、船長の発言からも船内に取り残された多くの犠牲者がいるという証言があったようです。

謎の解明

ソ連崩壊後に日本の歴史学者の原暉之(北海道大学名誉教授)が公文書をひもとき、政治犯の護送船であったことがわかりました。

となると、ソ連政府や船長の対応などすべての謎が腑に落ちますね。
ただロシアはこれを否定しているので真相はわからずという風になっていますが、有力な説になっています。

また政治犯といっても、当時のスターリンが政敵排除するために、でっちあげられたという話もありますが詳しくはわかりません。

ただ極寒のオホーツク海で遭難した恐怖、亡くなった人々のことをおもうと胸が痛みますね。

いさりの碑

いさりの碑

インディギルカの慰霊碑のまわりには、ほかにもいくつかモニュメントが設置されています。

そのうちの一つがいさりの碑。

ギリシャ神話にありそうな神秘的な風格がありますよね。

いさりの碑を近くから撮影

猿払村の漁業(とくにホタテの事業成功)における先人の苦労と偉業についてと、人間が自然の摂理に従ってあらゆる資源を大切にしていくべきことが説かれています。

近くから見ると塗装の粗などがわかってしまいますが、遠くから見る分にはかなり神秘的ですよ。

ほかにも、いさりではなくイカリ。

ほたての化石

ホタテの化石。

めちゃくちゃでかいのを、運んできたようです。

猿払での歴史的な功績や物語が、大きなモニュメントを通じて知ることができるのが猿払公園の魅力ですね。

猿払公園については以下の記事でも書きました。こちらは旅行向けの内容になっています。

あわせて読みたい
さるふつ公園 風雪の塔
【さるふつ公園】ホテル、温泉、キャンプ場と旅のレジャーにぴったり!猿払村のおいしいところを1か所に集約したかのようなさるふつ公園。 宗谷地方に訪れた際は、一度は立ち寄っておきたいポイントです。 水揚げ量日本一を誇るホタテ料理は絶品ですよ!...
さるふつ公園からオホーツク海をながめる

ここからは晴れて空気が澄んでいると樺太(サハリン)まで見渡すことができます。

猿払村を訪れた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

風が強く、夏以外は寒いので防寒も忘れずに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。