ミニマルライフ

アンドロイドスマホを買取りに出すときに必要な準備と宅配買取店

しばらくのあいだ携帯はフリーテルというMVNOのものを使用していたのですが、会社の資金繰りが悪かったのか、楽天モバイルへと事業が統一されました。

それに伴い「端末も楽天に乗り換えるのがお得になるよ」というキャンペーンが断続的に打たれ、セールスメールもしつこく届いたのでついに機種変更をしました。

そのときに残った古い機種はまだ壊れてもいなかったのでどうしようかと思ったのですが、売却することにしました。

スマートフォン(ここではAndroid端末)を売るときに、データなどの取り扱いをどうしようか迷っていたので記事にしました。

谷口有威
谷口有威
買取価格ですが、僕は集荷を待つのが面倒だったので実店舗で依頼して、8,000円くらいでした。高いのか、安いのか?
iPhone、Android、GALAXYなどスマートフォン買取強化中!

まずはスマホの初期化

今回買取のために準備を進めるスマホはフリーテルのRAIJINという機種ですが、Android端末においてはだいたい共通している行程だと思います。

それから初期化をする前に、大事なデータは新しい端末やクラウドにバックアップすることを忘れないように。

データの初期化

まず最初にやっておくべきことはスマホの初期化(リセット)です。忘れずに必ず行うことですね。

バックアップとリセット

写真が見にくくてすみませんが、設定から『バックアップとリセット』を選択。

データの初期化

『データの初期化』を選択。ここの文言は機種によって、工場出荷状態に初期化など異なることがあります。

モバイル端末をリセット

リセットされる項目の確認が表示されるので、下のボタンのモバイル端末をリセットをタップ。

ここも機種によってはそれぞれ項目にチェックをいれてから確認することなどあったりしますので、流れだけつかんでいってください。

すべて消去

最後に『すべて消去』で初期化を実行させます。自動的に再起動して、工場出荷状態になります。

Android5.1端末の注意点

Android5.1端末に限り、スマホを初期化する前にGoogleアカウントのログアウトを行う必要があるみたいです。

Androidのバージョンは設定の、『端末情報』から確認
谷口有威
谷口有威
僕のスマホはAndroid7.0でした。古いスマホでなければさほど気にする必要はないかもしれません。
Googleログアウト手順
  1. 設定を開く
  2. 『アカウント』を選択
  3. 『Google』を選択
  4. その他あるいはメニューボタンから『アカウント削除』を選択
  5. Google以外にもログインしているアカウントがあれば、同様の手順ですべてログアウトをする

ネットワーク利用制限の確認

スマホを売るときに本体の割賦代金が残っていると、買取り不可となります。

これは通信事業者が不正な取引をされないように、端末に通信を制限する仕組みを用いているからです。

ネットワーク利用制限は製造番号から、各キャリアのサイトで確認します。

製造番号の確認

端末の状態

設定から『端末情報』へ進み、『端末の状態』をタップします。

IMEI情報

製造番号あるいはIMEI情報として表示されるので、そこをタップ。

ちなみに端末によっては、製品の保証書等の書面や電池パックの裏側に記載されていることもあるようです。

15桁のIMEI情報(製造番号)が表示されました。それぞれ固有の番号なので、この番号が誰かと被ることはありません。

僕のスマホはデュアルSIMに対応していたので、2つ表示されています。

各キャリアで確認

【ネットワーク利用制限 Softbank】のように検索して、自分で契約したキャリアのサイトで確認を行います。

その際に先ほどのIMEI(製造番号)を打ち込むことで、利用制限にかかっているかどうかが判断されます。とくに支払いの滞りなど問題がなければ、『〇』と表示され、買取が可能になります。

SIMカードを抜く

スマホからSIMカードを抜く画像

最後に、買取に出す端末のSIMカードは事前に抜いておく必要があります。

SIMカードの挿抜方法は、端末の取扱説明書に従って行ってください。

MNPで乗り換えた場合、原則として残った古いSIMカードはキャリアに返却する必要があります。

買取り直前の最終チェック

買取準備のためのデータの削除が済んだら、最後のチェックです。

まず付属品が揃っているかどうかで査定金額は変わってきます。

  • 液晶画面(割れや液晶ムラがないか)
  • カメラ
  • 各部ボタン(動作チェック)
  • スピーカー、センサー等

機種変更や売ることを前提に考えている場合は、購入当初から丁寧に使用することを心掛けておくことが大切ですね。

 

ライター
谷口有威
HITOMAGA管理人。本業のかたわら、ブロガー&ライターやってます。コーヒーとカフェがとても好き。写真は5年くらい撮っています。岐阜-一宮-名古屋が主な活動範囲です。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA