フリーランス

ライターという仕事の範囲と種類について、求められるスキルとは

副業としてライターをやっているのですが、単に『ライター』といっても意味合いは結構広いです。

そこでライターとして生きている僕の経験をもとに、仕事の種類やどんなことが求められるのかということについて書いていきます。

漠然と副業でライターを始めてみたいと考えている人の、具体的な方向性の指標になるかと思います。

ライターという仕事の定義

ライターはカタカナ英語になっていますが、要するに『writer:書く人』です。漠然としていますよね。

僕のこのブログ更新にしたって、ライター業といえます。

ざっくりと大別すると商業的なライターか、そうでないかということになります。

広義のライター
  • 作家
  • ブロガー
  • 記者
  • 翻訳家

など。

広義でのライターは商業的な意味合いを含めつつ、クリエイティブ、ジャーナリズム、メディアなど、書くことを主体としている人全般を指します。

ライティングスキル以外の技術や素質を求められるものがあり、それらはライターとは言わないことが一般的です。(小説家やジャーナリストなど)

狭義のライター
  • メディアライター
  • コピーライター

商業的な意味合いに限定したライター。

商業的なライターというのは、クライアントからオーダーを受けて納品した後、報酬を受け取るライターを言います。

書いた記事と引き換えに報酬を受け取るという、一番イメージしやすいものかと思います。

一般的にライターと言うとこちらの狭義的な方を指すことが多いので、そちらを前提に話を進めていきます。

ライターの仕事の種類

ライターの中でもさらに要件が異なる種類があるので、それぞれの特徴を紹介します。

クラウドライター

主にクラウドソーシングを中心に仕事を受注するライターです。ネット上のライターの中でもポピュラーで、初心者でも始めやすいのが特徴です。

PCがあれば今すぐ無料登録で始めることができます。

Bizseek

専門ライター

ある特定分野に秀でた知識を持っている人が、その専門領域において執筆するライターです。アフィリエイトサイトや、専門メディアなどがあります。
ある業界で活躍している人にメディアから声がかかり執筆することも。

コピーライター

主に商品やサービスのコピーを考えて書くことが中心。

企業のブランドイメージや、紹介するものの魅力を効果的に表現するスキルが求められます。誰でもわかる言葉でキャッチーな印象のタグラインが望ましい。

コピー発案もクラウドワークに多いです。

Bizseek

ルポライター

取材を中心とした報道要素のあるライター。ノンフィクションライターと呼ぶことも。

ライターよりもジャーナリスト寄りなイメージです。

PRライター

主に企業の広告案件やプレスリリース記事を書きます。

広報的な要素が強く、記事を通じて売り上げアップや認知拡大を狙います。ライター自身の知名度や、企業との信頼性が高いほど重宝されますね。

ゴーストライター

芸能人や経営者など、忙しくて執筆にあてる時間がない人から話を聞き出して、文章にまとめあげるライターのこと。

ブックライターともいい、有名人の著作は実はライターによって書かれたものも多いです。

有名人に限らず、書いた人の正体を公にしないものが該当します。

スピーチライター

政治会見や結婚式の挨拶など、スピーチの代筆ライティング全般を指します。代筆をして執筆者の存在が伏せられることから、ゴーストライターに分類されることも。

スピーチライターが他のライターと決定的に違うのは、読み物ではなく話し言葉として出力されることが前提になっていることです。

ライターになるには特別な試験も資格もありません。

中には簡単にその仕事を請け負えないような、専門性の高いライティングもあります。仕事の獲得の仕方もそれぞれです。

一番手っ取り早く、初心者でも仕事を獲得できるのがクラウドワークです。しかし実績がないうちは継続的な仕事が入らず、単価も低くてモチベーションを維持するのが大変です。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

谷口有威
谷口有威
ちなみに僕はメディアライターと、ゴーストライターをしています。メディア特性に合った専門知識や、案件に応じた柔軟な書き回しが求められることもあります。

ライターが活躍できる場所

主に紙媒体とWEB媒体の2つに分けられます。

紙媒体

雑誌、新聞、業界紙、フリーペーパー、社内報、チラシ、パッケージ

WEB媒体

WEBメディア、メールマガジン、プレスリリース

僕はWEB媒体でしか執筆をしたことがないのですが、基本的にインターネット上で求人やライター募集をしていることがあります。

下請けでやっていくなら転職サイトから探すよりも、直接メディアで募集がかかっていないかチェックしたり、フリーランス用の案件を探すといいです。

フリーペーパーなどの紙媒体は、その紙面や会社のホームページで募集していることがあります。事前に報酬などをしっかりと確認しておくことをすすめます。

また単純に書く能力以外にも、マーケティング、リサーチ、PR力などあると、専門性と掛け合わせてライターとしての価値が上がります

ライターに求められるスキル

良し悪しは置いといて、ただ文章をかくだけなら小学生でもできますね。

報酬をもらって記事を納品するライターは、文章力があることを前提にプロとしてのスキルが求められます。

人気の売れっ子ライターほど、ただ書くだけじゃないライターとして各所で活躍されています。

ライターのスキル
  • 文章力
    正しい文法、豊富な表現力
  • 取材力
    相手から引き出す、情報アクセス
  • 専門性
    特定ジャンルの専門家の話が理解できて、会話できるレベル
  • 発信力
    SNS等での影響力
  • ビジネススキル
    基本的なマナー、即レスなど
  • 体力
    どんな仕事でも体力は大事

良い文章とは

ライターが正しい文章を使うのは当たり前ですが、良い文章では必ずしもそうとは限りません。

ライターの書く良い文章とは、媒体の目的を最大限達成している文章です。
そのためにあえて文章を崩すということもざらにあります。

クライアントの意思を尊重しつつ、自分の立場をわきまえた文章が望ましいです。
どんなに文法が正しくても、その記事を通じて読者に何を伝えたいのかが分からないと価値がありません。

媒体の目的を達成するには、執筆以外の業務フローが大切になります。

インタビュー記事の場合
  1. 案件相談
  2. 打合せ
  3. 下調べ
  4. 質問項目作成
  5. 構成イメージ
  6. 記事イメージ
  7. 文字起こし
  8. 構成の再検討
  9. 記事執筆
  10. 推敲
  11. 納品
  12. 掲載&拡散

これだけのフローがあってようやく執筆にとりかかることから、良い文章には目的達成のための下準備が重要であることが分かります。

具体的なライティングスキル

ライターも最初のうちは手の込んだ記事を担当することは少ないです。本当に良い文章の本質は常に頭にいれつつ、基礎的な文章力を向上させていきます。

大雑把に記事を分割すると、導入文、本題、まとめになります。

導入は難しい言葉を使わず、基礎知識がなくても読者が理解できる文章で興味を引きます。まとめは本題で一番伝えたかったことを、印象的かつ簡潔にまとめます。

本題を書く際に個人的に意識しているポイントをまとめました。

  • 目的や結論は最初に書く
  • 伝えるべき内容or伝えたい内容をすみ分ける
  • 主観と客観による根拠を明確にする
  • 一文が長くなりすぎないようにする(目安として1文で80文字超えない)
  • 主観的表現になる形容詞を使いすぎない
  • 接続詞を連発しない
  • 意味の重複や、その言葉がなくても通じるものはそぎ落とす
  • 主語と述語が離れすぎないようにする
  • 長文と短文、語尾のバリエーションで文章にリズムを出す
  • 漢字と平仮名の視覚的バランスを意識
  • 表記ゆれがないか確認

全てを網羅する必要はないですが、必ず意識するのは2つだけです。

伝えたいことが明確でクライアントの目的達成につながるか、読者にとって読みやすい文章になっているか

記事を通してクライアントと読者に価値を寄与できるかが、ライターの最も大切な仕事です。

編集者としての視点

ライターには時に、編集者目線が求められることもあります。

特に重要なのが企画力ですね。斬新な企画提案できる視点があるほど、ライターとしての期待値も高まって、そのお得意の文章も生きてきます。

企画力
  • 情報収集
    ツールや分野の知識を駆使
  • ネタ化
    企画の切り口や見せ方を工夫
  • 提案
    魅力的な企画説明
  • ケースストック
    情報を体系的にストックしてまとめる
  • 多面的視点
    情報ニーズや正誤の見極め
  • 掘り下げ
    瞬発的思考能力やオリジナリティ

企画力を武器に仕事をとる

企画ができるだけで、ライターの仕事の幅はぐっと広がります。企画にできなくても、その視点を記事に落とし込むだけで、オリジナリティがあって差別化をはかることができます。

  1. 独占取材
    取材はそのメディアのみの独占コンテンツになり、希少性が非常に高いです。
    単純に取材という体裁をとるだけでも形になります。
  2. 再定義
    すでに誰もが知っているようなことでも、異なる切り口や、テイストを変えることで斬新なコンテンツに生まれ変わります。
  3. 掛け算
    新しいもの×古いもの、海外コンテンツ×国内コンテンツ、高尚なもの×低俗なものといった具合に、掛け合わせによる企画は考えやすいですね。
  4. 新しいもの
    トレンド的な企画でベーシックなものですが、情報の鮮度が重要になります。

インタビュー・取材ができると強い

なぜ取材が強いのかというと、1次情報による独自性が強く他社との差別化ができるからです。

インターネット上の情報や、書籍・文献など、すでにあるコンテンツの焼きましや情報の整理も大切ですが、オリジナリティに欠けます。

インタビューだけでなく、イベントやローカル地のレポート記事も同様の効果があります。
取材対象は人だけでなく、モノやサービスなどもありますね。

取材前に確認すること
  • 掲載媒体
  • 企画趣旨
  • 取材内容(質問事項)
  • 取材時期
  • 謝礼の有無

取材対象の実績を事前に確認しておいて、ある程度の専門域を学習しておくのも大切です。そこから必ず押さえたい情報、+αまで引き出します。

インタビューのコツとしては同意と深堀りで、話をつないでいくこと。話の流れや空気を読んで、さらに内容を詰めるか、話題を変えるかを判断して取材を進めます。

取材は相手との信頼関係や場の雰囲気も大切なので、目線や声のトーン、表情なども意識します。言葉尻を拾ったり、オウム返しによるミラーリングなど、対人スキルも備わっているとスムーズに進行しやすいですね。

取材時に便利なモノ
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥6,772
(2019/03/21 21:20:04時点 Amazon調べ-詳細)

筆記具やバインダー、名刺、メディア見本誌、質問リストなど用意しておくといいです。

取材ができるライターはそれだけでもステータスになりますし、コンテンツ幅も広がります。

専門性も高まって、取材でないと行けない場所や会えない人に出会えるチャンスもありますよ。

ライター
谷口有威
HITOMAGA管理人。本業のかたわら、ブロガー&ライターやってます。コーヒーとカフェがとても好き。写真は5年くらい撮っています。岐阜-一宮-名古屋が主な活動範囲です。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA