未分類

財布をなくしたときにまずやるべきことと、またなくしても焦らない予防策

先日財布を失くしました。

確実に心当たりのあるお店はもう閉まっていたので電話は繋がりませんでした。(内心そのお店に置いてきて物とばかり思ってたので、この時はそこまで焦ってません)

翌朝電話をかけると、財布はなかったと言われ初めて汗がにじんできました(笑)

心当たりのあるお店の席で会計を済ませてから、車に乗り込んでまっすぐに家に帰ってたので、あとは駐車場に落としたとしか思えず…。

停めていた付近を這いつくばって探すも見つかりませんでした。

結局、いろいろと手を尽くして財布は諦めました。

ここで気持ちを切り替えた直後に見つかりました(笑)

結局何度も探したはずの車の中にあり、ことなきをえました。

それでも財布を一旦失くしてしまうと、クレジットカードを止めたり免許証を再発行したりと面倒なことが次々と出てきます。

最悪の事態を避けるためにも最低限やっておくべきことを、自分の経験をもとにまとめておくことにしました。

最優先はクレジットカードを止める

財布を確実に失くして思い当たる節もない、あるいは盗まれたりスリにあった可能性が高いならまずはクレジットカードを止めるべきです。

カード会社の紛失・盗難届はだいたいフリーダイヤルが用意されているので、不正利用を防止するためにもすぐに連絡します。

谷口有威
谷口有威
カード会社によっては最後に利用したのが、いつの何だったかなどを本人確認と合わせて聞いてくるところもあります(そんなの覚えてないから…)

失くしてから不正利用されていないかの確認も兼ねて、すぐにWEB明細などでチェックしておけるようにしておくといいですよ。

そして一番面倒だったのが、

一度止めたクレジットカードはもし発見しても使えなくなる。

僕は2社のクレジットカードを入れていたのですが、結局財布が見つかった後使えなくなりました。

一つは解約、一つは再発行をしてもらいましたよ。

停止したクレジットカードや、再発行でカード情報が変わった場合、自動引き落としなどに設定しているものが正しく決済できなくなります

面倒ですが、ここもそれぞれに事情を説明して引き落とし先を変えてもらう必要があります。

オンラインサービスであれば、カード情報を変更するなどして対応しましょう。

キャッシュカードも忘れずに止める

クレジットカードだけでなくキャッシュカードも財布に入っていたら、止めるように連絡するべきです。

たった4桁の暗証番号とカードだけでお金を引き出せるので、めちゃくちゃ怖いですよね。

キャッシュカードは停止しても、カードが見つかれば引き続き使える場合があります。

僕の場合は三菱UFJ銀行でしたが、キャッシュカードは一度停止しても発見したことを伝えれば引き続きそのカードが使えました。

MUFGカード(クレジット)や、デビットカードは再発行しないといけません。しかも再発行料がかかりました。

さらに実店舗の支店に行かなければならず、印鑑等も必要なので若干面倒です。

警察に紛失届&運転免許証再発行の確認

失くしたときに警察のもとへ届いている場合もあるので、最初こちらに連絡してもいいかもしれません。

僕はWEB明細でカードの不正利用がないことをあらかじめ確認していたので、先に警察に連絡をして紛失届を発行しました。

紛失届は直接交番に行かなくても、電話で受け付けてもらえました。

自分が財布を失くしたと思われる管轄の交番に連絡することをおすすめします。僕は失くした場所と自宅が20km以上離れていたので、電話で受け付けてもらいました。

誰かが届けた場合にはすぐに連絡もくるので、警察に連絡しておくことは絶対ですね。

免許証の再発行

管轄の警察署によって対応手順なども異なりますが、一番面倒な手続きになるかと思います。

岐阜市の場合

僕は岐阜市在住なので、それを前提に再発行しようとすると、

  • 身分証が必要(保険証やパスポートなど)
  • 免許証サイズの証明写真
  • 受付は平日14:30~15:00
  • 手数料3,500円

身分証がすべて財布に入っていたら?受付時間短すぎない?手数料払うお金ないんですけど!?

とまあ、こんな感じで免許証の再発行のハードルが高すぎて後回しにしていました。

結局見つかったのでよかったですが。

財布を失くした時の対応策として、一部の現金や身分証を分けて管理しておくのがいいですね。

その他、関係各所に連絡

財布の中身は人によってそれぞれ違うと思いますが、ポイントカードや会員カードなどをたくさん入れている人もいますよね。

全てを把握していなくても、大事なものだけはそのサポートセンターなどに連絡したほうがいいです。

僕は幸いポイントカードなどは一切持たずスマホで管理していたので、基本的に銀行系のものと免許証の対応だけで済みました。

普段から財布の中を自分の管理できる範囲に整理しておくと安心ですよ。

失くした場所に連絡しておく

一番最初に心当たりのあったお店に行って、自分の連絡先を渡しておきました。万が一見つかった場合に連絡してもらえるようにしておくといいです。

またどこか移動中などに落とした可能性があれば、電車やタクシーなどの交通機関にも連絡を入れておきます。

最悪の事態を覚悟して、焦らずに対処する

最悪の事態というのは財布が見つからず現金は抜き取られ、カードも不正利用されるということですかね。個人情報も引き抜かれれば、どんな悪事に利用されるかわかりません。

それでも慌てずいったん落ち着いて、淡々とやるべきことを対処していくだけです。

カードの不正利用にしたって、事情を説明すればカード会社の保証もききますし、親切に対応してもらえます。

また日本で財布を紛失した場合の戻ってくる確率は、諸外国よりも圧倒的に可能性があると言われています。

事態に焦らず、優先事項を決めて落ち着いて対処していきましょう。分からなければさっさと警察や頼れる知人に相談します。

再び失くしても大丈夫なように

もう一生失くさないのがベストですが、人間なのでミスはあります。ということで、今回の学びから、万が一再び財布を失くしてしまっても動きやすいように予防策をまとめておきました。

  • 身分証をすべて財布に入れない
  • 予備の口座や、使っていない口座を確保しておく
  • 財布の中身を覚えている範囲にしておく

まず免許証の再発行で絶対につまずくと思っていた身分証。いっぺんに全部失くしたら、再発行手続きが、余計面倒になりそうです。

キャッシュカードがないとお金も引き出せないので、ネット振り込みなどで自分の口座間をオンライン上でやりとりできるようにしておくと安心です。
例えば僕の場合は普段は郵貯を一切使いませんが、他の口座からアプリやブラウザ上で振り込めるようにしています。郵貯のキャッシュカードは財布とは別の場所で管理しています。

最後に財布の中身を覚えておくこと。何がなくなったのかわからないと、手の打ちようもありません
どうせ普段の生活で使うカードやポイントなどは限られているので、手に収まる範囲にしておくといいかなって思いました。

ライター
谷口有威
HITOMAGA管理人。本業のかたわら、ブロガー&ライターやってます。コーヒーとカフェがとても好き。写真は5年くらい撮っています。岐阜-一宮-名古屋が主な活動範囲です。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA