LINEのアカウントを複製しようとしたら、間違ってデータ消しちゃった

LINEアカウント2つ欲しいな~と思っていたところ「ツインアプリ」という機能を知りました。

一部のAndroidスマホに搭載されている話を聞いて、自分のスマホを調べてみたら該当していました。

電話番号1つでLINEを2つインストールする方法【ツインアプリ】

こっちのサイトでその時の手順をまとめました。

しかしこの作業中に、誤ってLINEのデータを消してしまいました。知人から「LINE消えちゃうことなんてある?」と言われたので、その過程をまとめておきます。

LINEを2つに複製するための前提知識

LINEでアカウントを作成するには2つの方法があります。

  1. 電話番号から認証
  2. Facebookアカウントから認証

ツインアプリ

ツインアプリとは、1つのスマホ端末内にアプリを複製して、それぞれ別のアカウントとして使用できる機能です。

ここで僕は勘違いをしていました。ツインアプリなら、同じ電話番号でもアカウントを複製できると思っていました。

そのせいで間違ってデータを消してしまいました。

同じ番号でログインすると、強制的にはじかれる

順を追って説明していきますね。

手順1
複製LINEにログイン

ツインアプリ機能で複製したLINEにログインします。このとき特に何も考えず、電話番号でログインしました。

手順2
メインLINEログアウト

すると従来の電話番号で認証していたメインのLINEが強制的にログアウトされます。

複製したアカウントにはこれまでのデータが同期されるので、まだデータは残っています。

手順3
Facebookなら同時ログイン可

ログイン手段を変えないとだめだと気が付き、Facebookでログインしてみたらアカウントが2つになりました。

この時点でなにもいじらなければ問題ありませんでした…。

大失敗
同一番号が認証されるだけでアウト

でも複製アカウントにこれまでのデータが同期されたまま、メインLINEが新規になるのがなんか嫌だったんですよね。ということで、メインアカウントの設定から電話番号を追加設定しました。これが最大のミスです

すると複製したLINEのアカウントがまた強制ログアウトになってしまい、この段階で従来のデータの所在がなくなりました(笑)

まとめ

まとめると、同一の電話番号を登録できるのは1つのアカウントだけということですね。

ちなみにFacebookには電話番号を登録しているけど、そこまで紐づけられることはないみたいです。

なのでメインは電話番号のみを登録、サブはFacebookアカウントのみを登録すれば、問題なくLINEを2アカウント運用できますよ!

もしLINEくれてた人いたらごめんなさい

Twitter、Instagram、Facebookなど、属性は違えどいろんな媒体でつながっている人がたくさんいるので、LINEが消えたくらい大して気にしてませんでした。

一応、定期的に連絡を取る必要がある人にだけすぐに事情を話したけど…。

最近引っ越しがかぶったのもあり、知人から「何かに追われてるの?」と言われてしまったので、そういう事情があったことだけここに書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です